2004年12月19日

リアランド祭終わりましたね。

先日はリアランド祭でございましたね。参加した皆様、お疲れ様でした。

リアランドに関係するイベント、ということでも大変盛り上がりましたし、単純に「ライブ」として考えてもとても良いものを見させていただいたという感じでございます。

詳しいセットリストなどはきっとそのうち誰かが・・・、などといい加減なことを考えつつ、忘れないうちにライブの個人的感想などを音楽面から。

まずダイヤモンドカツタ氏の詩吟。
これがすごい、かなりビビリました。
正直、始まったときは「ネタ」としてやっているのかな?と思ったんです。
それがもう、最初の数秒で圧倒されました。すごすぎる。

めちゃくちゃ良い声なんですよ。詩吟って全然詳しくないし、生で聞いたのもこれが始めてだったのですが、とにかく感動しました。
今回のイベントは全体的に「お祭り騒ぎ」が主目的だろうと思っていた私はこれで襟を正されました。

後ろでmanzo氏がピアノ伴奏をつけてたんです。これがまた、妙に詩吟にマッチしてまして不思議な世界を作っていました。リハーモナイゼーションの鬼と自称してるmanzo氏、詩吟にコードつけるには最適のお方なんだなと認識。

なんでもダイヤモンドカツタ氏は詩吟の準師範(すいません、はっきりと聞き取れませんでした)になられるとかで。本格的に詩吟をやっていらっしゃる方だったのです。びっくり。

ちなみにカツタ氏は元々役者さんとしても活動なさっていたそうなのですが、来年から「ダイヤモンドカツタ(勝田?)」という芸名で活動なさるそうです。このあたり、過去の詳しい経緯はわからないのですが、そのようなことをMCでおっしゃっていました。

今はオカモトのコンドームのCMに出ていらっしゃるそうです。
また、1月の中旬に放映される番組に出演なさるとか。なんでも弁慶役だそうです!
たしかトホホ人物伝、と言っていたと思います。詳しい情報お持ちの方がいらっしゃいましたらフォローよろしくお願いします。


そしてカツタ氏に引き続いての面々。

まずなんとファミコンの実機!を持ち込んでその場でブレイク工業ファミコンバージョンを流すというパフォーマンスがありました。ライブステージにファミコンがちょこんと置いてある・・・、なかなかありえない光景でシュールでした。
ファミコンって良い音するよなあ、とあらためて認識。いまだに音源部分のファン多いですもんね。

また、今流行りのニンテンドーDS「大合奏バンドブラザーズ」を使ってのパフォーマンスが。これがどんなソフトなのかイマイチわかっていないのですが、どうも通信機能を使って複数の人がセッションできるらしい。これを使ってステージ上でセッション・・・、っていうか普通にゲームをしてました。いやー、ライブステージに3人がニンテンドーDSを持って立っている。なかなか見られない光景でした(笑)

セッションしていた曲が「日本ブレイク工業社歌」だったのですが、これって事前にデータを打ち込んでおいたってことなんですよね?すごいなあ・・・。

そしてピアノ生演奏、アカペラグループ、とある意味「まっとうな」ライブ演奏もあり、バリエーションに富みまくったイベントでした。



・・・というところで、後半戦の感想はまた次回。



posted by dai at 03:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。